本気のものづくりへの決意
充実したここ数ヶ月。
d0124487_17585046.jpg
ラフィ木みのりの里でカフェ。フェアトレードの紅茶をおそらからも発信したい。そこで伺った。店をするということは、出られないという事。お客さんを待つ事。ジレンマがある。しかし美味しい物を提供したい。本物を提供したいという思いは必ず伝わる。実感した時間。そんな思いを持ちながら、向かったのは鳥取県八頭郡「大江の郷自然牧場」が経営の「ココガーデン」。
http://www.oenosato.com/
鶏の健康を第一に考えての平飼いの卵。ココガーデンではたまごかけご飯を味わうことができる。本当に美味しい卵とは。社長の優しいまなざしに信念を感じた。
またココでしか食べる事が出来ない「パンケーキ」このフワフワ感は卵白を泡立てたもの。注文して焼き上げるこだわり。
d0124487_1831240.jpg
d0124487_1825553.jpg
こちらでも本気でいいものを作る姿勢や地域活性の神髄を垣間みた。「ここでしか食べれないもの」を作り、人を呼ぶ事。しかしまずはじめに「飛び道具」が必要。美味しい商品が飛び道具となり、パンフレットに描かれるビジョンや姿勢に共感して人は動く。
d0124487_18153655.jpg
忙しかった。
そして絶滅危惧種の高級魚「ほんもろこ」を持って「日本橋三越」へ。
d0124487_18165323.jpg
d0124487_18171059.jpg
昨年の反省をもとに今年はいかに新鮮な魚を即調理するかが課題。今年の佃煮は最高に上手にできた。またコンフィ、マリネ、黒酢生姜煮の瓶詰めを用意した。販売先はこうしてアッパー層を目指す。決めたらとことんややなければならない。途中で諦められない。とはいえ諦める潔さも時に必要。それは本当に良い原材料のため。美味しい商品のため。ひいては買って下さるお客様やバイヤーさんに喜んで貰いたいから。
いい品づくりは三者の笑顔のために。作る人、売る人、買う人。
こうして「ほんもろこ屋」の覚悟を決めた。そろいのTシャツを着て販売した。
d0124487_1822936.jpg

パッケージはわかりやすくシズル感を大切に。
d0124487_18231280.jpg
終わった・・・
撤収は早い。商品がなくなったから。
お客様の評価もいただいた。
嬉しい新年の販売、しょっぱなだった。
そのまま帰る訳にはいかない。
本気の養殖者だから。
d0124487_18255133.jpg
滋賀県安土のほんもろこ!でかい!!
d0124487_18252685.jpg
規模が違う。田は約1000平米。卵を取る池が約15。大工をしながらの養殖は理にかなっている。施設の整備が自分でできる。時間の管理がしやすい。
ほんもろこの販売先は地域消費がメインだが、今後はもっと増産体制に。
卵を販売し収益アップを目指すそうだ。
d0124487_18312580.jpg
ニゴロブナの養殖場。
琵琶湖には様々な淡水魚が生息し、独特の漁業と加工がある。「鮒ずし」。
http://www.doyu.jp/topics/posts/article/20080804-093023
大島さんは自らユンボを操る。
「養殖者」が自分で池を作らないとわからないと言われる。
土建屋がやるのと養殖者がやるのでは注意するところが違う。
とにもかくにも、自ら生産、加工、販売を行う中で、まだまだ未熟者の私は大きな学びを得た。
そして「本気」の「生産者」になろうと心に誓った。
そのためにしなければならない事はこれからまだまだ山のようにある。いや地滑りのように押し寄せてくる事が目に見えるようだ。
# by oishii-kurashi-no | 2013-02-16 17:55
銘撰商店おそらのこころ
銘撰商店おそら 小売りは閉店。
2013年は「企画提案型卸・バイヤー」として動く。
d0124487_127586.jpg

田舎CAFEおそらゆきは週2回営業。
湯来の産物を使ったメニューやほんもろこの料理。
d0124487_1215515.jpg

東北からのインターンシップ受け入れも2月に行う。
インターンシップの「ぽにょちゃん」はうちに泊まって一緒に仕事をした。
おそらと企業や生産者と一緒に食や文化のイベントも開催。
収穫体験や野菜づくり教室など。
d0124487_1195816.jpg

海の物山の物里の物、直接現地に出向いてきちんと見て、話して、お客様に伝える。
同じ意識の生産者さんと一緒に何か出来る事はとても嬉しい。
d0124487_11994.jpg

新しい部分と大切にしなければならない部分がある。
一年いろいろあった。色々な人と出会った。
出来る事としなければならない事が明確になった。
一人では出来ない事がこれほどまであることもよくわかった。
「最短最速」の販路開拓はあくまでも仕組みであって「人」「事」ではなかった。
今更ながら、足下を見て感謝の気持ちを伝えながら進む事の大切さを実感している。
# by oishii-kurashi-no | 2012-12-30 08:59
来年にむけて
d0124487_8242042.jpg
2年間、銘撰商店おそらという広島を中心とした地域の心とカラダに優しい品々の店を運営してわかったこと。
店は生き物。店はコミュニティ。2足のわらじでは出来ない。
店は私の分身。私の子ども。

おそらの事業は
地域商品開発
ブランディングデザイン
ほんもろこの養殖・加工・生産
販売店

2年間の間に事業バランスが変化した。
販売店は地域の中でどうあるべきかが問われる。
地域需要が伴わなければ売上が当然上がらない。
商品在庫と販売数のバランスを取ろうとすると品が不足する。
イベント集客は一過性。
配置換えや商品アイテムを変更したり様々な工夫をしてきたが
やはりここは決断せざるをえない。

私は店が好きだ。お客様と話す事が好きだ。
反応を見たり美味しかったと声を聞くのが大好きだ。
スタッフもまるで自分が品を作ったかのようにうれしそうに話す。

しかし事業として成りたつか。

2年間、地域商品開発で様々な地域に呼んでいただき
事業者と向き合ってきた。
販路開拓のためのバイヤー試食会や百貨店での催事出店など
地域商品の販路開拓のため様々な取り組みを行った。
おそらで仕入れた品々を展開した。
事業者が自ら一緒に販売しさらに売上を伸ばした事が多々あった。
事業者はその方法がわかればどこでも同じようにできる。
私たちは方法を見せれば良い。
一緒にできれば良い。
企画ありきの販売であり、優れた商品ありきの企画である。

株式会社お宙の理念をもう一度考える。

1 情報発信型の販路形成を行います
2 地域資源を活用した加工品の開発・販売を行います
3 一次産業産品の発展と商品の拡販を行います
4 広島県を中心とする地域の活性化を目指します
5 参画者の販売活動支援を行います

販売店銘撰商店おそらはマーケティング、拡販の場として機能してきた。
それは事業者に取っては実感出来る物ではない。
むしろ催事や試食会等で実施した方がマーケティングになる。

試食会の特徴は一気に販路が探せる事
催事は百貨店やイベントの企画を持ち込み提案を行い実施すること
さらに産地を訪ねる旅の実施や関東方面への販路開拓。
ニーズに沿った商品開発や拡販のための販促ツールの作成なども含めて
「本当に売れる」品づくりとその方法を構築する事が今、重要な仕事になった。
スタッフはデザイナーであり販売員、プランナーでありバイヤーである。
一人4役を日々行うことでそれぞれの仕事は浅くなる。
深くきちんと理念を全うして行きたいと思う。

来年は小売りは中断。
プランニングのできるバイヤーとして働く。

ほんもろこの養殖事業も軌道に乗り始めた。
湯来町多田地区の活性化に向け地域が動き始めた。
難しいことは地域はいる事だ。無我夢中で行ってきたが一人では限界がある。
行政、地域、さらに俯瞰で見る事の出来る地域外の人と共に活性化が始まる。
私は多くの方に支えられていることを実感している。
心からうれしい。
地域ブランドの発信の方法と集客、リピートをどう構築するか。

来年はドラマが起るに違いない。
# by oishii-kurashi-no | 2012-12-19 08:25
鳥取県日野町「金持神社」
d0124487_10145422.jpg

金持神社のお仕事は今はご縁がなかった。

理由はあるのだ。
販促企画や商品開発、パッケージの専門家として
鳥取県から呼んでいただいた。

金持神社は全国でも稀な観光協会が管理する神社。
たいそうありがたい名前の神社だが実は由緒正しい歴史の深い神社である。
http://www.kanemochi-jinja.net/

様々なところにお伺いを立てながら、
あちらこちらに波風が立たないように動かなければならないのが田舎。
地域の方々が手作りで丁寧に作られる。
価格を高くすればいいものではない。
ありがたいから高く売れるという発想は
普段から高額でブランディングされたものを見る人間の妙な奢りではないかと思う。
ここに暮らす人が遠くからお参りに来られた方に買っていただくもの。
自分たちの暮らしや生き甲斐が少し豊かになればそれで良い。
何のためのブランディングなのか。
パッケージを豪華にして高額にする必要が本当にあるのか。

デザイナーは本当に売れる物を作らなければならない。
作り手の気持ちによりそった物を作らなければならない。
デザイナーのマスターベーションになっていなかったか?

金持神社の関係者の方々に私は本当の地域商品のありかたについて深く考える機会をいただいた。
「身の丈」にあった商品づくりが大切。
商品とはあくまでもパッケージが出来、お客様に渡せる物を言う。
加工設備で出来たばかりのものは製品であり商品ではない。
外から来た者にわからないことも多い。
しかし客観性を持ちながら、地域や人が本当に売りたい身の丈の、しっくりくる品を作るサポートをさせていただきたいと思う。

またご縁があれば・・・。
# by oishii-kurashi-no | 2012-09-30 10:33
東北宮城県からのインターンシップ「ぽにょちゃん」
d0124487_7433498.jpg

彼女は生まれは八戸。現在は宮城大学2年生。名前は大橋宏美、ニックネームが「ぽにょ」。
大橋のぞみから・・・。
広島NPOセンターの受託事業で東北被災地からの15名のインターンシップの一員。
2週間前私は彼女立ちの前で「おそら」の事業についてプレゼンを行った。
「1次産業にGOOD DESIGNを♪」を掲げて、事業者の販路拡大の様々なサポートを行い、
自らも絶滅危惧種ほんもろこの養殖を休耕田で行っている。
仕事の基本、[心]の部分は喜んでくれる人を見つける。
[ハード]の部分は拠点を作る。そしてお金が回る事。
地域商品はこれからどんどん比較される。
人がいないため地域消費が落ち込んでいる。
他から様々なものが入って来ては「買ってくれ、買ってくれ」と叫んでいる。
地域性をどう表現し、地産地消を促すには愛情をもっと込めなければならない。
娘を嫁に出す気持ちで。
「知的財産活用商品開発in大田」
そんなおそらの事業を事例としてお話した。
d0124487_743013.jpg

彼女と広島市立大学インターンシップ原とROCKETS納島社長も参加。
彼女たちにはぜひ、デザインの大きな役割について自分なりの見解を持ってほしかった。
d0124487_7423289.jpg

石見銀山の大森町も20年前は本当に静かな街だった。
そこがこうして世界遺産になり、集客ができるようになった道筋を知ってほしくて
日が落ち始めていたけど立ち寄った。
あちこち写真を撮って、「わ〜♥」「かわいい〜」「いいな〜」「好き好き!」。
本を買っていたからじっくりと読みながら、故郷への思いを馳せたに違いない。

彼女たちへの今週の課題、
「田舎CAFEおそらゆき」では11月に収穫イベントを行う。
その企画所づくり。
企画の目的、全体構想、スケジュール、予算。
集客方法、準備物、台本・・・様々な観点から実行への道筋をより具体化。
よく細かく練り上げてくれた。
農政局6次化事業の補助金事業の枠の中で行うこのイベント。
参加する方に楽しんでもらえるイベントにするには
今そこに自分が参加している気分でプランニングしなければ面白い物にならない。

広島に来て平和公園に行き、被爆者の話を聞き、宮島へも参拝。
受け入れ企業14社のプレゼンの中から自分が行きたい企業を撰ぶ。
私が伝えたかった事などもう良い。
彼女が今回偶然にも同じ世代の広島の大学生と一緒に過ごしたこと。
過疎化がどんどん進む港町大田市。大きな集客のある大森町。
空き家だらけの限界集落 湯来町本多田地区への集客を目指した
おそらゆき ほんもろこ収穫体験企画。

これから先にどこかでこのインターンシップの意味を感じてくれたら嬉しい。
私も様々な事を彼女たちから学んだ数日間だった。
# by oishii-kurashi-no | 2012-09-02 08:20
石州瓦で季節の美味を味わう
d0124487_852311.jpg
石州瓦の窯元「亀谷窯業有限会社」天然の素材を高温で焼く200年の歴史の瓦メーカー。おそらで販売中。先日の中国新聞に掲載。瓦の食器というとちょっと驚く。これに小さく料理を乗せると驚くくらい美味しそうに見える。
漬け物や小イワシなどが良く合う。素朴だからか。一口大にカットしたお肉もおいしそうに見える。
秋は酒のアテをこれにちょんと乗せてチビチビ・・・。
私の良く知る食通のデザイナーの大先輩はきっと興味を抱かれるに違いない。
釣り好き、写真好き。自ら料理もされる。
この器はクリエイティブ!
# by oishii-kurashi-no | 2012-08-20 08:50
三越準備
今日で4日目。
広島三越地下1階に「ひろしま土産」テーマで出店中。
ただいま、不足の品々補充中。
d0124487_22305418.jpg

思いのほか好成績なのはとても嬉しい。
スタッフの頑張りもたいしたものだ!

私たちの販売はとにかく話す、語る、食べてもらう。
農家さんやメーカーさん、作り手の代わりを一生懸命する。
d0124487_2236158.jpg

普段から生産者さんとは仕入れや販売方法、ラベルデザインの話をよくしている。
料理人でもあり野菜づくりの達人「びんご村の伊藤さん」
地元農家の炭本さん
芸北どか雪クラブの伊谷が迫さん
三次清水農園の英治くん ほかにもいろいろ・・・
最近竹原の酒造メーカー藤井酒造さんや前川酒店や真田さん
遠赤外線加工の丸福さん・・・
たくさんの方に私たちは支えられている。
販売させていただいている。
こうして利益をいただいている。
決して大きくはないけど、頼りにしてくださってるし
お互いに協力しあって良くなりたいと願っている。

山を超えれば力がついて次の山をこえる事が出来る。
販売力は経験力。
いろんなお客様へのいろんな要望にお応え出来る力は大きい。
頑張る「おそら」
頑張れ若いスタッフちゃんたち。
# by oishii-kurashi-no | 2012-08-10 22:30
最短最速の販路開拓「お披露目試食会」
d0124487_11244210.jpg
鳥取県八頭町の田中農場の白ねぎドレッシング。
d0124487_11251573.jpg
約1年かけて完成したこの商品のお披露目試食会を開催した。昨年は白ねぎ酢と白ねぎぽん酢の販路開拓。鳥取県内をメインに。私は今年度から入らせていただいている。そもそも田中農場は鳥取県でも有数の農家。近隣の耕作放棄地を借り受け、自分の農法と同じように生産をする。また雇用を生んでいる。
白ねぎは苗を育成する際に土に若干の肥料を混ぜる。生育期はよほどの事がない限り一切使わない。
ドレッシングに仕立てたのはセンナリ株式会社八田氏。センナリ大地会長自ら鳥取に出向き、農法や味を確かめられた。
d0124487_1125598.jpg

アンデルセン料理長前川氏のお料理説明。(美味しくて箸が止まらない参加者)
この試食会のメニューは全部で16種類。家庭での簡単でおいしいレシピは山本京子先生。
http://studio-griotte.com/
八田氏と様々な改良を行い、関わる全員で試食を繰り返し、なんと13回の試作の末出来上がった。料理長と山本京子先生の最高のコンビネーションで行われたレシピ開発。
「最短最速の販路開拓」の所以はこの試食会の参加者にある。
そもそもこのドレッシングは販売先を決めて商品開発を行った。
百貨店バイヤー、飲食店社長や仕入れ担当者、ホテル支配人、料理長、企画室長。
アンデルセンでは料理と販売どちらも可能である。
ホテルもしかり。百貨店はアッパークラスを狙う。
料理教室に通う主婦グループやカラーアナリストなど講師業の女性もお招きした。
そしてポイントはメディア関係者。
購入者は圧倒的多数が女性である。
メディアが取材し発信。参加者の声を聞くバイヤーは店頭に並べる理由ができる。
飲食店はメディアの発信と同時にメニューに使う。
すべてが一度に行われる。
販路開拓と顧客の囲い込みも同時進行。
その先のプランは「鳥取美味探訪の旅」。
すでに構想は出来ている。
しかし、多くの方に助けられ実行できた試食会。
パッケージ・パンフレット。ポスターとデザイナーの力は地産物にこそ重要なポイントだと
更に実感した。

前川料理長のお料理は本当に最高に美味!
田中農場のことりという酒のシャーベットも!!

来月からアンデルセンでは販売開始。
1本150ml 750円(未定)の予定。
百貨店はこれから本格的に商談開始。
# by oishii-kurashi-no | 2012-06-24 11:25
日本橋から
d0124487_2144316.jpg
この名札はとても大きな意味を持つ事を実感した1週間だった。お客様にとっては私は三越の販売員である。その意識で接客をしなければならない。といってもやはりいつもの「素」が出てしまう。ということは基本的な姿勢が大事だということを身を以て感じた。お客様に不愉快な思いをさせない。買っていただく事への感謝。お金を頂戴することは、本当に大変な事だ。本物を知る方が訪れる場所だから気を抜けなかった。
d0124487_2142712.jpg
帰る日の朝、7時過ぎの日本橋。人がほとんどいない。かすかに朝もやがかかっていた。もんもろこの佃煮とコンフィは思うようには買っていただく事が出来なかった。関東でもほとんどの方が「知らないわ」。広島ではじめて販路開拓を行ったように東京でも必要だ。試食会や店頭販売などもっとしなければならない。
早朝の日本橋。体は疲れていたけど頭は冴えていた。そんなことを考えた。
d0124487_2175150.jpg
東京スカイツリーが見えるこの場所はアサヒビール本社。プレゼンの機会をいただいた。LLP森から森への活動も店舗導入実績やメディアに取り上げられる事が増えて来た。地産物の背景にある「人・物語・環境・歴史」をいかに伝えるかが課題なのはいうまでもない。
# by oishii-kurashi-no | 2012-05-24 09:28
ほんもろこをイタリアンで食べる会
GW前、ほんもろこが子持ちになり始めた4月末。平日のランチ時間、レガーレディアクアパッツアにて「ほんもろこをイタリアンで食す会」を開催した。
目的は2つ。心からの感謝の気持ちを伝えたい。
ほんもろこの料理がイタリアンでもいただけること。
三越では「モロコンフィ」に評価をいただいた。それがきっかけだった。
何よりレガーレディアクアパッツアでは何度も試作をしていただいた。本当に嬉しかった。
d0124487_23554355.jpg
田んぼの持ち主、湯来から白井氏と奥様
d0124487_23455382.jpg
ほんもろこ料理etc...
d0124487_23574424.jpg
蝶鮫養殖の藤本氏ご夫妻とRCCテレビ高尾氏
d0124487_23594788.jpg
養殖の拠点消防署後のリフォーム永本社長ご夫妻。
d0124487_00318.jpg

LLP森から森へのパートナー長谷川氏と広島北ホテル支配人高山氏。
d0124487_03703.jpg
広島市経済観光局榎田氏、ブランド工房上野氏、株式会社ベリタリア代表オリーブオイルソムリエ藤本氏。
d0124487_0384123.jpg
経済産業局袋井氏、永瀬氏。
d0124487_040306.jpg
NPO湯来観光公社理事有本氏、徳山広告事務所徳山氏、同じく行き観光公社守下氏。
そして有限会社ROCKETS代表納島氏とおそら店長藤井。総勢25名の試食会となった。
d0124487_0463455.jpg
はじめてのモロコンフィにとながら、湯来のおいしい産物に舌鼓。パスタにはミートボールにしたほんもろこの味がとてもマッチしていた。
はじめて開いた試食会を思い出し、この気持ちを忘れてはならないことを強く心に誓った。
次回は「白ねぎドレッシング」6月22日アンデルセンで開催する。
そして秋には牡蠣と日本酒、塗りを洋食でいただく試食会。
# by oishii-kurashi-no | 2012-05-07 00:53



テーブルの上の笑顔のあれこれ。
by oishii-kurashi-no