<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
出来た!もろちょび!贈り物
d0124487_12335280.jpg

11月23日は「食の大商談会in大阪」では飲食店、ホテル、百貨店、卸のバイヤーさんと一対一の面談。あれから本当に早かった。1ヶ月の間に本当に出来た「モロチョビ」。
目標にしていた販路は百貨店、それも日本橋の。
同行いただいた中山さんに商品が出来た報告をしたところ
「成功者は40%で事業を進める。100%を待っては遅い」との言葉。
迷いもあるし障害もあるけど、有言実行。実行あるのみ。
d0124487_12333353.jpg

他にはない食材「ほんもろこ」はじめての食材をどう扱うべきか悩んでくださった
イタリアンの支配人とシェフ。
OEMができないと殺菌瓶詰めの食品メーカー。
あちこち当たって探して出会った方も紹介で。
こうして沢山の方の紹介や出会いで出来上がった。

加工ではアクアパッツア社長、タニモト食品専務、松屋食品社長。山本京子先生。デザインはROCKETS社長とスタッフ、お宙スタッフ。間伐杉の箱キョーワ山口社長。
産業振興機構橋本さん、丸福食品社長。それから生産者の平本建設会長と社長、湯来の白井さん。
力をくださった湯来ロッジ川崎支配人、湯来観光公社の有本さん。中山農園中山さん、出雲森山さん。
フレッシュパントリー鼻岡社長、為楽庵佐々木さん。
時にダメ出しをくれるTTJ長谷川さん。
棚田経済産業局長、重藤佐伯区長をはじめ行政の方々にも背中を押していただいている。
言えばきりがない。
今年ももうすぐ終わる。
来年は10軒の養殖者で3tを目指す。
ただの名物ではなく全国シェアを目指す。
中山間地域の経済効果をきちんと算出出来るよう準備する。
by oishii-kurashi-no | 2011-12-24 12:33
Kanbatsu Note "Kodachi"
d0124487_21254829.jpg

な〜んてね。間伐ノート「木立」。今ちょうど再びサンプルが届きました。
試作は皮の背表紙にレフィル対応。
前回の「輝くリングタイプ」がクラッシックで私は好きだったけど
仕上げが今一な上、コスト高のためLLP森から杜へとデザイナーROCKETSで却下。
すねたので知らんふりして試作は完全にお任せしてました。
でもでもいいじゃん!これ!
金の泊押しが入ったら高級感があるし、使いやすそう。
明日からもって歩きたい。仕事が出来そうに見える。

ただ開いたときのレフィルの止め方や皮の張り合わせから痛む事が予想される。
改善策をすでに提示してもらってるから進む勇気がもらえる。

仕事は問題にぶつかっても速攻で改善策を提示、
選択しながら進むからどんどんアイデアが出てくる。
これがチームプロジェクトの醍醐味だ。

先週吉舎町で地域産物発掘商品開発セミナーをさせていただいた。
そのときも「口」が3つで「品」ができる。
一人より三人がいい商品ができる話をした。

いい仲間をつくることこそいい商品、売れる商品づくりの第一歩とも言える。

今日からこのノートの開発、仲間に入れてもらってもいいかな〜。。。
by oishii-kurashi-no | 2011-12-22 21:25
牡蛎と蛤のバジルソースパスタ!から思うこと
d0124487_9452329.jpg
ちょっと贅沢ウチメシしたくなって作った。
久しぶりにハーフだけどちょっといいワインを開けた。
牛乳はアルコールが苦手な娘のカルーアミルク。
昨日は吉舎で商品開発講演。翌朝は仕入れで農家さんのところへ。
昼には焼け山の夢ガーデンで26日オープンの試食会へROCKETSの納島社長と参加。
夕方娘と合流して増床したアクタスへ。
そこでおいしそうなパスタソースなどを見てしまったものだから
つい大判振る舞いしてしまった。

店舗のメニューは難しい。
バイキングは人件費は縮小出来るが廃棄が多くなる。
コンセプトは「おゆめばあちゃんが作るおいしくて元気なごはん」。
タニタのレシピを参考にしたメニューはローカロリーでとても美味!
しかしパテはあり?
器はこれでいいのか?
中途半端なことをしてはクチコミも生まれない。
地元のお母さんやファミリーをターゲットにするなら
立ったり座ったリが楽でなければ困る。
膝が悪いお母さんたちって多いよ。
ちょっとお洒落感は必要だけどそれはディスプレイではなく
メニューでなければならない。

しかし、これから面白い展開ができそうな施設。
体験型施設のM&Aがじわじわと進行する広島県内。
既存の施設の魅力を再発見し光を当てる。
イメージ戦略と厳しいコスト管理のもと進められる。
マーケティングはこの施設の場合は地元のそれもここで働くお母さんたち。
この戦略。夢ガーデン、株式会社パレットタウンの社長を尊敬する。

26日オープンに向けて次の手はなに?
by oishii-kurashi-no | 2011-12-18 09:44
カフェスパイスにて森から杜へ会議
d0124487_0542869.jpg

d0124487_0542873.jpg

LLP森から杜へ設立から1か月。プレスリリースから2週間。テレビや新聞に取材いただきました。私たちは間伐材を効率よく利用する仕組みを作ることが大切だと考えます。そのための会議を設けました。県の森林課神川さん、インスマート社長奥原さん、ショールーム木材加工会社キョーワ社長山口さん、施工原田さん、設計佐藤さん、店舗設計下田さん、インスマート仕入れと店舗ご担当大国さん、TTJ長谷川さん、私の11名です。インスマートの新店舗で間伐材の床、腰壁などに使用する。住宅建築に県産材をツ合う場合平米あたりいくらという補助が受けられます。これを店舗に展開していく取り組みです。この取り組みは行政の補助が大きく影響します。東京ドーム4杯分以上と言われる放置間伐材の使用を牽引して行くためにもうひとつ。利用店舗のブランドイメージを高める媒体戦略も大切。メディア、販促ツールなど整理する。間伐材は使い道が少ない上に、製材、加工までのコストが高い、林業従事者の減少のために放置されざるを得ない状況です。
d0124487_9263860.jpg

節があることも杉や檜ゆえに材自体が柔らかいことも、大きな面積がとれないため集成材にしなければならないことも全部知った上で、生かすことを考えました。しかし難しかった。杉や檜の良さを生かすのは無塗装が良いのでは?その香りや触感はコーティングしては生かせない。反面使用される場所が今までのように和食、それもうどん屋そば屋など限定される。
d0124487_927559.jpg

思い切ってシックなカラーと表面処理でアジアの高級リゾートホテルのイメージを追求したのがこのショールームです。
床、壁、腰壁、天井梁、キャビネットなどに使用しました。
一部牡蛎粉の漆喰も使用。
通路側にはナチュラルな使用イメージを展開しています。
無塗装の床と壁は杉の香りが心地よい空間です。
ご連絡いただければご覧いただけます。
d0124487_9272444.jpg

長谷川さんの役割と私の役割。
それぞれの得意分野を生かし間伐材の利用促進に向けて動き出しました。
by oishii-kurashi-no | 2011-12-15 00:54
丸の内、表参道、青山。コンセプト探し。
d0124487_18112782.jpg

d0124487_18112747.jpg

d0124487_18112781.jpg

d0124487_18112756.jpg


昨日の商談は緊張。日本橋や銀座にご縁が頂けるなど思いもしなかった1年前。
一気に走った。
今日は湯来の家のコンセプトづくりのショップめぐり。
雁木組理事の氏原さんとノルマンディーバターと加工品の専門店エシレでは大雨の中行列して
バターやクロワッサンを買いました。ガレットのお店で昼御飯。
蕎麦の消費が世界一はロシアだそう。フランスノルマンディーではごく普通に蕎麦粉が食べられてる。チーズやトマト、サーモンと相性よし!湯来でやったらどうかな。
横の畑で蕎を育てよう。地域の野菜や乳製品、ほんもろこのオリーブオイル漬け
「もろちょび」を使おう。
氏原さんのお話に大きくうなずく。
そうだ、湯来の砂谷はヨーロッパが似合うロケーションがある。
田舎の問題解決、ソリューション事業にはこれからは絶対お洒落が必要。
お洒落イコール「地域デザイン」。地域ブランドが作られるのはまず「見える化」すること。
見えないと始まらない。「見える化」は実行している証明でもある。
青山のファーマーズマーケットでは事務局の方ともお会いした。
ここの標準は広島では未知の領域。
間伐材で野菜のトレイはありだった!
間違っていないと実感。
最短で実行するにはどうすればいいか、また楽しい構想が始まる予感。
いつかオシャレ民宿をしたい私の背中、押された1日でした。

ありがとう!氏原さん!!
by oishii-kurashi-no | 2011-12-03 18:11
LLP森から森へ 間伐材の利用促進 大手町ショールーム
d0124487_7584461.jpg
間伐材は杉や檜の生長を促すために伐採された小径木のものを言います。その多くは山に打ち捨てられたままになっています。結果下草の生長を止め、山の持つ保水能力を弱め、生息する動植物を限定させてしまうことになります。土砂災害の多くは治水力の弱まった山林で起こっています。
d0124487_7582618.jpg
市内大手町(株式会社TTJ)に私田隊は間伐材を使ったショールームをオープンしました。床、腰壁、天井梁、家具、雑貨などが展示されたショールーム。「森から杜へ」は主に店舗へ間伐材の建材を企業CSR活動のサポートと友に販売して行きます。間伐材の利用促進がより進んで行くには企業が進んで使うことが最短であると考えます。もちろんそのためには住宅建築の際県産材を利用の際に県からの補助金があります。同様に店舗や事務所にもそうあってほしい。
d0124487_758594.jpg
アーバンスタイルとナチュラルスタイル、どちらも見て頂けます。
d0124487_7575219.jpg
アイアン作家さんや家具メーカーさん、ともの悩み作ってきました。TTJ長谷川さんの商品企画に背骨を入れてその商品の「生き方」を決めて揚げる作業がデザイン。どう生きてほしいかを新真剣に考えれば考えるほど難しい素材です。
d0124487_7573213.jpg
時間がかかりました。間伐材といえども杉や檜。主伐材は高級木材として使われたり、用途が広いのに「間伐材」は価値がない物としての認知しかないこと。いかに美しく作るかが大変大きな課題で、必ずそうでなければならないという信念がなければできません。
d0124487_7571527.jpg
こうして出来たショールームでこれから沢山の方に触れて頂きたいと思います。
d0124487_7565967.jpg
これからはナチュラルショールームを湯来に完成させるようプランニングです。
d0124487_7564769.jpg
「森から杜へ」から。
by oishii-kurashi-no | 2011-12-01 08:21



テーブルの上の笑顔のあれこれ。
by oishii-kurashi-no