<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
たまに撮影
d0124487_03058.jpg
アイロスジャパンさんという竹原が本社の家具メーカーさん。本日は蒸し暑い!!広大跡地で撮影です。雨が降らないのはいいけど汗の雨が降りました。
ダイニングテーブルやチェストなど大物家具をはじめ小物も様々。
店長兼VMD担当チエちゃんと現場監督兼アートディレクターの私。小物も店のものと季節の花を用意しました。なかなか良い撮影でした。
カメラマン粟根さんありがとう。
by oishii-kurashi-no | 2011-06-27 00:30
中小企業家同友会
d0124487_20544511.jpg

初めて参加しました。商品の改善を参加者で検証しました。面白い取り組みです!
by oishii-kurashi-no | 2011-06-22 20:54
梅がり
d0124487_21514294.jpg
竹原にお客様と梅狩りに。行ったのは「和美ちゃん」。竹原出身でいつかは地域でなにができるかを自分の課題にしています。
大きくておいしそうな青い梅。これから梅酒づくりです。
by oishii-kurashi-no | 2011-06-18 21:51
「なわない」にて
d0124487_11113816.jpg
株式会社ジューケンの藤野さん、東さん、まいちゃんと「なわない」へ。ジューケンさんのお仕事をさせていただいてもう4年。今は休憩中(?)ですが東さんとは一緒にディスプレイ用の商材を買いにIKEAへ行ったり,まいちゃんとはディスプレイを一緒にしたりと濃い時間を過ごしました。藤野さんはこの度退社して故郷で起業を目指すとのこと。ふた周り大きくなった二人と一人がとても頼もしいなあと感じた夜。なわないでは絶対いわしの塩焼きを注文します。かぼすでお茶目なベレー帽をかぶった鱚の塩焼きも笑ってます。
d0124487_11105533.jpg

また一緒にね!!
by oishii-kurashi-no | 2011-06-17 11:17
湯来のもみじ
d0124487_22262799.jpg
ちょっと前。湯来の古民家レストラン「もみじ」に伺いました。田舎寿司は本当におばあちゃんの味。チシャの酢みそ和えや山菜の天ぷら・・・どれもおいしくいただきました。器は昔から使われている物だとお聞きして感激。今はこんな風に使われる器たちも幸せですね。私なら・・そんな風に思いを巡らす事も楽しい時間です。

とはいえ別な側面では本当に移り住む事への大変さもわかってるつもりです。
by oishii-kurashi-no | 2011-06-13 22:26
グリル彦星にて
d0124487_6334967.jpg
立町のグリル彦星で遅めの夕食。野菜がたっぷりいただけるメニューはお任せが一番。締めのオムライスが食べれなかったのは残念でした。また伺います。
by oishii-kurashi-no | 2011-06-12 00:06
あやめ幼稚園の子どもたちから花束が・・・
d0124487_8254914.jpg

昨日はとても素敵な贈り物をいただきました。
http://osora.co.jp/

6月第2日曜日はキリスト教の「子どもの日・花の日」。
子どもの健やかな成長を祝い、また、花を美しく飾り、
神様に守られて心豊かに育つように祈る日なんだそうです。

なんだかたくさんの子どもたちが近づいてくるな・・・

ん?おそらに入ってくる?

「せーの、おいしいドーナツをありがとうございます!」
みんなで大きな声を合わせて。
小さな手にはきれいなお花のアレンジ。
ハイって渡されて、みんな嵐のように去って行っちゃった。

あやめ幼稚園ではお誕生会におそらのドーナッツを使って頂いてます。
そのお礼にって。
ドーナツを作っている皐月さんは子どものために無添加のおやつを作っている方。
皐月さんの思いとおそらの思いが一緒になって伝わった気がして
嬉しいプレゼントでした。
これからもおいしくてやさしいものを見つけてこなくっちゃ!!
by oishii-kurashi-no | 2011-06-11 08:32
いい家
d0124487_17502286.jpg
18年来の友人の家にいきました。結婚式場が家の庭から見え、土日は数時間おきにウエディングベルが鳴り響きます。広島市内が一望出来るこのロケーションとこんな環境に暮らし、3人の娘たちはウエディングドレス姿も楽に想像出来るお年頃。彼女とは昔仕事で出会ったのが最初。私たちはふたりとも「暮らし」を大切にすることで意気投合。春の足音が聞こえると必ずチューリップを抱えた彼女がやってきてくれました。喜ばせることが大好きな人です。この家にまるで引き寄せられた様な彼女とご主人。明日「、婚式を迎える母と娘のための「小さくて心に深く刻まれる前日」を作ろうとしています。
「母と娘の最後の仕事」。私も娘を持つ母として、こんな提案に心が震えました。
この家で出会った方も素敵な方。彼女のまわりにはそんな人が集まるんですね。

帰りに持たせてくれた庭の「ジューンベリー」の実。
明日は彼女の誕生日です。
by oishii-kurashi-no | 2011-06-05 17:50
思い出
d0124487_11211223.jpg
湯来の空き家(湯来家)の大きな梁。それほど大きな家ではないけどそこかしこに昔の少年の息吹みたいなのがあるのです。
裏はすぐ山が迫っていて、いまでは絶対に建築許可が下りない様な場所。
離れに洋裁をしていたおかあさんの小さな工房があり、今でもその名残の大きな机やお針箱が残っています。地元のお父さんは裏で遊んだ事や川遊びの事など話して下さいます。
和室の渋い天井や壁もそのままに。台所は昔のように土間に。
きっとそんな風にもとに戻す事を臨んでいるように感じるこの家です。
by oishii-kurashi-no | 2011-06-05 11:21
まちどおしい「はちみつ」・・・来週から
d0124487_1175164.jpg
かねてからお知らせしてました「中山さんのはちみつ」が近日中にやってきます。
春先、山に花が咲きはじめて中山さんは蜜箱をあちこちに置きに走ります。
れんげなどは長く咲くから蜜が取りやすいけど、山の花は1週間しか咲きません。その間にミツバチは一生懸命働いてくれます。風の向き、晴れた日、気温・・・様々な条件が合致した時しか取れないのです。中山さんは元生物の先生だからこそ、生態系や環境に左右される養蜂業だからこそ、「今」に危機感を持ってらっしゃるんですね。その蜂蜜は少し青くて瑞々しい山の香がします。来週おそらに届く蜜。半年待ちました。とてもとても楽しみです。
by oishii-kurashi-no | 2011-06-01 11:22



テーブルの上の笑顔のあれこれ。
by oishii-kurashi-no