銘撰商店おそらのこころ
銘撰商店おそら 小売りは閉店。
2013年は「企画提案型卸・バイヤー」として動く。
d0124487_127586.jpg

田舎CAFEおそらゆきは週2回営業。
湯来の産物を使ったメニューやほんもろこの料理。
d0124487_1215515.jpg

東北からのインターンシップ受け入れも2月に行う。
インターンシップの「ぽにょちゃん」はうちに泊まって一緒に仕事をした。
おそらと企業や生産者と一緒に食や文化のイベントも開催。
収穫体験や野菜づくり教室など。
d0124487_1195816.jpg

海の物山の物里の物、直接現地に出向いてきちんと見て、話して、お客様に伝える。
同じ意識の生産者さんと一緒に何か出来る事はとても嬉しい。
d0124487_11994.jpg

新しい部分と大切にしなければならない部分がある。
一年いろいろあった。色々な人と出会った。
出来る事としなければならない事が明確になった。
一人では出来ない事がこれほどまであることもよくわかった。
「最短最速」の販路開拓はあくまでも仕組みであって「人」「事」ではなかった。
今更ながら、足下を見て感謝の気持ちを伝えながら進む事の大切さを実感している。
by oishii-kurashi-no | 2012-12-30 08:59
<< 本気のものづくりへの決意 来年にむけて >>



テーブルの上の笑顔のあれこれ。
by oishii-kurashi-no