牡蛎と蛤のバジルソースパスタ!から思うこと
d0124487_9452329.jpg
ちょっと贅沢ウチメシしたくなって作った。
久しぶりにハーフだけどちょっといいワインを開けた。
牛乳はアルコールが苦手な娘のカルーアミルク。
昨日は吉舎で商品開発講演。翌朝は仕入れで農家さんのところへ。
昼には焼け山の夢ガーデンで26日オープンの試食会へROCKETSの納島社長と参加。
夕方娘と合流して増床したアクタスへ。
そこでおいしそうなパスタソースなどを見てしまったものだから
つい大判振る舞いしてしまった。

店舗のメニューは難しい。
バイキングは人件費は縮小出来るが廃棄が多くなる。
コンセプトは「おゆめばあちゃんが作るおいしくて元気なごはん」。
タニタのレシピを参考にしたメニューはローカロリーでとても美味!
しかしパテはあり?
器はこれでいいのか?
中途半端なことをしてはクチコミも生まれない。
地元のお母さんやファミリーをターゲットにするなら
立ったり座ったリが楽でなければ困る。
膝が悪いお母さんたちって多いよ。
ちょっとお洒落感は必要だけどそれはディスプレイではなく
メニューでなければならない。

しかし、これから面白い展開ができそうな施設。
体験型施設のM&Aがじわじわと進行する広島県内。
既存の施設の魅力を再発見し光を当てる。
イメージ戦略と厳しいコスト管理のもと進められる。
マーケティングはこの施設の場合は地元のそれもここで働くお母さんたち。
この戦略。夢ガーデン、株式会社パレットタウンの社長を尊敬する。

26日オープンに向けて次の手はなに?
by oishii-kurashi-no | 2011-12-18 09:44
<< Kanbatsu Note &... カフェスパイスにて森から杜へ会議 >>



テーブルの上の笑顔のあれこれ。
by oishii-kurashi-no